副作用について

ルミガン(成分としては、ビマトプロスト)を使っておこる副作用はあるのでしょうか?まれに、ある症状としては目のかゆみや、充血などがある人がいるようです。ほとんどの人からは症状はなく、使用している人のうち4%の症状が出たという結果です。
ルミガンを塗布することで肌と目に出る症状もあがっています。また、軽い副作用があるようです。他の症状としては、肌が黒ずんだり、目の炎症などがあります。また、目の乾きや、まぶたの充血もあります。ルミガンの成分でもあるビマトプロストに対して、アレルギー反応のある場合には、決してルミガンを使わないで下さい。医師と相談をして下さい。
例えば、目の充血ですが、目の充血というのは薬剤を使うとすぐに起こりますが、大抵の場合はすぐに落ち着きます。少し赤くなるような目の充血であれば、アレルギー反応であったり炎症の心配はないでしょう。また、どこか目に傷などがあるというわけでもないとうであれば大丈夫と思われます。使用法などの説明を理解して、目の充血などがないように注意しましょう。
ルミガンによる試験ではルミガンを利用することによる目の色の変化に関しての報告はないようです。虹彩染色と言うもので、原因としては眼圧上昇することや、緑内障を治療してる人が、目に薬剤を投与している患者に起こっている症状です。仮に目に薬剤を直接に入れたときの量では、上まつ毛の根元部分にミルガンを塗った薬の量がたった5%であることを考慮すると、ルミガンのほとんどが上まぶたの縁の肌に吸収されてしまいます。
そして目のかゆみも薬剤の使用後にある症状ではありますが、当然直ぐに治ります。期間でいうと初期の1週間から2週間くらいでしょう。目のかゆみだけであれば、アレルギー症状であったり、目に傷があるという訳ではないようです。かゆみがいつまでもある場合や、他の症状などがあるときは、そのまま放置せずになるべく早く医師に相談しましょう。
ルミガンをまぶた以外のところに塗布するような事例があります。その後、塗布した箇所から体毛が生えることがあるようです。決してまぶた以外にはつけないようにして下さい。使用上の注意を把握して守りましょう。