まつ毛の比較

ケアプロストは、ラティース(ラティッセ)やルミガンと同じ成分です。ビマトプロストのジェネリック医薬品となります。ジェネリック医薬品の特徴としては、純正薬品でもあるラティース、ルミガンなどと同じ成分で、また効果も同じように現れます。ジェネリック薬品は、お安い価格で買うことができます。
ここで、いろいろな言葉が出てきたので、ラティース(ラティッセ)と、ルミガン、ケアプロストの3種の薬品名の違いを比較してみましょう。
アラガン社は米国の薬品会社で「ルミガン」という名前で、緑内障治療用の目薬として販売をしていました。しかし、ルミガンを使用した人から、まつ毛が伸びたとか、まつ毛がどんどん濃くなったというような結果がでてきました。これは、目薬としての効果とは反対に、副作用として扱われました。病気を治すための目薬の効果と、その効果とは別にまつ毛への変化があったのです。
そしてその後、その効果を確かめるべく臨床試験をした結果ですが、まつ毛の長さが25%も伸びました。まつ毛の密度は106%も増えました。毛の色の濃さに関しては18%濃くなったという結果がありました。それからまつ毛の育毛剤としてとても。それにより、アラガン社は、まつ毛が伸びるという美容としての目的で販売をしたものがラティース(ラティッセ)で、ブラシもつけて販売をしています。ビマトプロスト商品を別名、その後サンファーマ社は、まったく同じ成分のビマトプロストの商品を販売しています。これはジェネリック医薬品なので、随分安く手に入れることが可能な薬です。
ケアプロストのルミガンは、目に付けるためのブラシが付いていないので、ご自信でブラシやめん棒などを準備の必要があります。けれども、その分以上に価格は安くなっています。ケアプロストも、ルミガンも、ラティッセの3つは、全て成分が同じで、効果についても申し分なく違いはありません。
このまつ毛の育毛剤のルミガンの使用方法は、毎晩化粧を落としてから目の回りをキレイにしてから、ブラシかめん棒に薬剤を1滴たらして、目とまつ毛の生え際に塗るだけです。分量を多くつける必要もなく適量をつけて、それ以外の余分な水分はガーゼなどでキレイニふき取ります。継続することで、効果も持続して現れます。