塗布の仕方と注意

まつ毛を改善したいと悩んでいる人のためのルミガンやラティースの使い方に説明をします。まず、メイクなどをキレイに洗うか拭くか、先にメイクを落とします。その後に塗布していきます。片方ずつに殺菌済のブラシか、または清潔なめん棒の先に、薬剤を1敵垂らします。上まつ毛の根元より、目頭から目じりにかけて塗布します。下のまつ毛にはしませんので、注意しましょう。色素沈着の原因にもなるようです。
そして余分についている薬剤を柔らかいガーゼか、ティッシュでふき取ります。仮に目に入ったとしても毒にはなりませんが、入ることがないように注意しながらつけます。その後もう片方のまぶたにも塗布していきます。ブラシやめん棒を塗布ごとに新しいものを利用します。
注意することは、薬剤をつける前にはコンタクトレンズをはずします。塩化ペンザルコニウムが含まれていて、ソフトコンタクトに薬剤が吸収されてしまう可能性もあります。また、15分ほど時間がたってからコンタクトを着用します。
使用に関しての注意事項ですが、上まぶたのまつ毛と皮膚の境目に従い、まつ毛の内側から外側に向かって塗っていきます。まぶたの縁から余分に垂れてきた液はきれいにふき取り、目に入らないように気をつけます。塗布後は、しっかりと乾燥させます。下まぶたは色素沈着の可能性があり、くまがでたような症状になることがあるので、使用はさけましょう。
まつ毛に対する評価基準があります。それは、まつ毛の物理的な満足度で、まつ毛の長さや厚みなどです。二つ目に主観的な満足度は、本人の自信や魅力、あるいはプロらしさなど感情からの満足度です。三つ目に日課に対することで、まつ毛にかかる時間の満足度だそうです。そしてこの三つの満足度を見てしていくのが、まつ毛の育毛剤と言われています。
まつ毛美容液と、まつ毛育毛剤の違いですが、美容液はまつ毛に栄養を与えながら痛んだまつ毛の修復をしていくトリートメント剤のようなものです。それにより、一時期だけハリやつやが復活するものです。育毛剤は、自身のまつ毛を長く太くしていくことと、発毛の作用もあるので抜けてしまったものも増えていく可能性があります。米国FDAで医療用として認証もされて医師の支持に従いまつ毛に塗布する安全な栗になります。